唇の保湿技

お肌がぴかぴかもちもちも、髪がボサボサだったり、唇が乾きだったりすると、全体的な理解はほとんど良くないですよね?パッと見で健康で美しくなるためには、お肌の保湿だけでなく、全身の保湿手伝いに努めることが大切なのです。ここでは、唇の保湿メソッドを紹介します。

唇に水気を加えるためには、血行を良くすることが大切です。なのでグッドなのが「唇ぶるぶる体操」だ。やり方は、毎日5~10パイ、唇の上げ下げをぶるぶるといった震わせるだけです。これを毎日行うため、ぽってりとした潤いのある唇を手に入れることができるのです。TVを観ながらや書物や書物を読みながらなど、いつでも簡単にできるので、気づいた時にぶるぶるさせましょう。

唇が乾きの時に保湿するためにひとまず考えつくのは“リップクリーム”でしょう。ただし、リップクリームは規則正しい方法で塗らないと、いまいち効果がないのです。ふさわしい塗り人物は、唇の縦のシワに沿ってリップクリームを塗っていくのです。私たちの唇は、繊維が縦に入った機構になっているので、リップクリームをシワに沿って縦方向に付けるのが規則正しい塗り人物なのです。横に塗りつけるといった保湿効果がないだけでなく、圧力が激しく荒れてしまうこともあります。

また、リップクリームが冷たくて固い状態だと、唇の皮がはがれたり荒れたりしてしまうことがあります。そのため、ときの後から手で握って温めてから使いましょう。

ただ、リップクリームをきちんと用いるからといって、何度も塗れば可愛いということではありません。「荒れたら付ける」を1日に何度も増やすやつは、“リップクリーム禁断症状”に陥っているケー。リップクリームで保湿効果を得るには、食後、入浴後半、就寝前など、扱う間隔を思い切り決めて、1日に5回までにください。ミュゼ東広島のWEB予約限定でオトクに美容脱毛